2007年05月25日

頭部切断 動機説明できず

母親殺害、頭部切断高3生“動機説明できず”

 福島県会津若松市で母親を殺害、頭部などを切断したとして逮捕された県立高校3年の男子生徒(17)と接見した弁護士が18日会見。

「生徒は殺害を認め、事件の重大性を認識している」と明らかにしたものの、動機については「こちらが納得できるような説明ができていない」という。

 弁護士によると、生徒は食事も睡眠も取っており、非常に落ち着いた様子。

「普通の高校生に見えた」としている。

小さいころ、母親らと海などに行ったことや部活動の話になると時折、表情が緩んだという。

一方で男子生徒が、母親の遺体を「バラバラに切断して、壁からつるそうと思った」と供述していることも新たに分かった。

この日、母親の葬儀が営まれた。
posted by 切断頭部 意識を有するか? at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。